HOME>注目記事>聞こえにくいを改善する手助けツールについて

聞こえにくいは辛い事

補聴器

年を重ねると音が聞き取りにくいことが多くなります。いわゆる難聴になる人も多くなります。喋っている内容が理解出来なければ返事も曖昧になります。お互いの会話のキャッチボールが出来ず、一方通行です。音が聞こえにくいと会話が成り立ちません。 難聴になるとコミュニケーションも取りにくくなり孤独感を感じるかもしれません。 現代は音で情報が入ってくる事が多い社会です。難聴は今の社会では生活が困難になってくるでしょう。難聴を解消するためにも補聴器を活用するのはどうでしょうか。音を集音する事で聞こえづらかった会話が聞こえやすくなります。会話が成立することは心にも安らぎを与えてくれるでしょう。

聞こえにくい事は恥ずかしくありません

女性

補聴器をする事は恥ずかしい事ではありません。最初に補聴器を抵抗があると言う人の多くが目立つ事です。今は補聴器にも沢山の種類があり、目立ちにくい物があります。耳にかけるタイプや耳の穴に入れるタイプもあります。それぞれに聞こえにくい度合いにもよりますが、選ぶ事もできます。 また補聴器にもカラーがある物もあり、おしゃれアイテムとしても活用できる物もあります。難聴が恥ずかしいと言う時代では無くなってきています。

自分を変えてみよう

補聴器

補聴器を購入するためには自分の聞こえにくい状況を把握しなければなりません。 耳鼻科で検査をする事が大事です。検査の結果から難聴がどれ位に進行しているかを判断します。そこで補聴器が必要と言う結果が出れば販売店に相談しましょう。 購入する場合は耳鼻科で紹介状を書いてもらいましょう。それを持って販売店に行くのですが出来るだけ家族に付き添ってもらいます。説明してもらう時にわかる人がいた方が安心です。 販売店で聞こえの測定をしてもらい、自分の耳に合った補聴器を選びます。 購入後には手入れの仕方や取り扱い方法を説明してもらいます。最初は音が全て入ってくるために違和感を覚えるかもしれません。

広告募集中